コーヒーエネマ(腸内洗浄)を始めたきっかけと理由

コーヒーエネマのアイテムセット

こんにちは、たにーです。

この記事では、僕がなぜ
コーヒーエネマを始めたのか。

そのきっかけと理由を
お伝えしようと思います。

コーヒーエネマをやろうか
どうしようか悩んでいるあなたの
一助になれば幸いです。

コーヒーエネマを始めたきっかけ

僕がコーヒーエネマを始めたのは、
仙人さんの「X-Power」という
健康プログラムがきっかけです。

仙人さんは僕のコピーの師匠なんですが、
実は医学の知識もかなりすごい。

医者ではないので医療行為は
していませんが、その知識を使って
難病の治療に携わられています。

そのX-Powerの中で語られていたのが、
この「コーヒーエネマ」だったんです。

おそらく、今あなたは

仙人さんって誰!?
X-Powerってなに!?

怪しい!

って思われたかもしれません。

まあ、そう思われるのも
無理はないです。

だって、僕も最初は
同じように思っていましたから(笑)。

仙人さんやX-Powerについては、
また機会があればご紹介したいと
思いますが、このブログではとにかく
コーヒーエネマだけにフォーカスして
僕の体験談をお伝えしていきますね。

コーヒーエネマをやろうと思った理由

もうすでにご存知かも知れませんが
念のためにお伝えしておきます。

コーヒーエネマというのは
いわゆる腸内洗浄のことです。

X-Powerというプログラムの中で
コーヒーエネマ(腸内洗浄)というものが
あることを初めて知りました。

このコーヒーエネマは、
ナチュラル浣腸とでも言いましょうか。

普通の浣腸は薬剤の力で
排便を促しますよね。

ですが、このコーヒーエネマは
コーヒーでつくった洗浄液を
肛門から注入しそれを排出するんです。

まさに「洗浄」という言葉がピッタリ。

腸内に液体を入れて便を排出する、
っていう概念がそもそもなかったので、
初めて聞いたときはかなり衝撃でした。

排便を促すっていうと、食物繊維や
ヨーグルトみたいな便通効果があると
言われているものを食べるとか。

下剤や便秘薬を使うとか、
そんな感じですよね、普通は。

なので、初めて話を聞いたとき

ほんとに大丈夫なのかな!?

と、ちょっと半信半疑なところが
あったのも事実です。

というか、正直お尻からコーヒーを
入れるのにかなり抵抗を感じましたし。

いくら師匠の教えといえど
ちょっとこれは難しい…。

しかも、その当時僕は特に便秘で
悩んでいたわけでもありませんでした。

※昔は便秘で悩んでいたことがあります。

小さいころは便秘がひどく
母に何度も浣腸をしてもらっていましたし
社会人になってからも不規則な生活や
ストレス、食生活の乱れなどから
便秘がちになることはよくありました。

なので、特に必要性も感じなかったし、
これからもやることはないだろうな、
と思っていたんです。

ですが、その約3ヶ月後、僕はついに
コーヒーエネマにチャレンジすることに。

なぜ必要性も感じなかったのに
コーヒーエネマをやろうと思ったのか。

それは、仙人さんがプログラムの中で
しきりに排便の重要性を語っていたからです。

栄養を摂取するのも大事だが、
同じくらい便を出すのも大事だと。

真実を自分の体で確かめる

もちろん、メリットばかりではなく
デメリットもある。

でも、エネマをやるデメリットより、
やらないデメリットの方が大きい。

まあ、本当のところは実際に
やってみないとわからないし、
仙人さんがそこまで言うんだから
きっとやった方がいいんだろう。

どんなもんか分からないけど、
とりあえず試しに1回やってみるか…。

そんな軽い感じでコーヒーエネマを
始めたのが2015年の6月。

なんだかんだで、2019年現在で
もう4年が経ちました。

ちなみに、3年ほど前からは
ほとんど毎日コーヒーエネマをやっている
というくらいのハマりよう。

累計では、すでにもう
1300回以上もやっています。

たまにやる、という人は結構いても、
ほぼ毎日やっているという人は
あまりいないんじゃないでしょうか。

そういう意味では、なかなか
レアな情報かもしれません。

実際にやってみた効果や感想などは
これから少しずつシェアしていきます。

やろうかどうしようか迷っている、
そんなあなたの参考になりますように。

コーヒーエネマの詳しいやり方については
以下の記事をご参考ください。

コーヒーエネマコーヒーエネマ(腸内洗浄)のやり方を詳しく解説!気になる疑問にも回答!

なにか聞きたいことがあれば、
お気軽にコメントくださいね。

答えられる範囲でお答えします…笑

その他、感想なども、ぜひ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です