腸内洗浄の事故が不安?自宅でのコーヒーエネマならそんな心配は無用です!

コーヒーエネマ

こんにちは、たにーです。

腸内洗浄の事故を心配される方が
意外にたくさんいらっしゃいます。

これに関して、誤解や思い込みが
あるようなので、事故の事例や
可能性についてお伝えしておきますね。

そもそも、自宅でコーヒーエネマを
やるぶんには、事故なんか起きようが
ないんですけど...。

腸内洗浄の事故例

腸内洗浄の事故で、腸が破裂し
亡くなったという事例があります。

参考 大腸検査用大腸洗浄液による死亡事故の報告につきまして大腸.com

新聞やテレビでニュースにもなっていた
ようなので、もしかするとご存知かも
知れません。

この事故事例を簡単に要約すると、

大腸検査のため、ニフレックという
大腸洗浄液を2リットル飲んだ。

もう何日も便が出ておらず、腸閉塞の
可能性があったが、にも関わらず大量の
液体を飲んだため腸が破裂してしまった

という内容。

このニフレックは、経口腸管洗浄剤と
呼ばれる医療用の医薬品で、大腸の
内視鏡検査や手術の前処理に使われるものです。

この薬を服用すると、腸管内圧上昇による
腸管穿孔を起こすことがあるとされています。

つまり、飲むことで腸の圧力が上がり
穴が開いたり破裂する恐れがある、
ということなんですね。

なので当然、便が出ていないとか
腸閉塞(腸が詰まってしまっている状態)の
可能性があるような人に使ってはいけない。

さらに、状況を確認しながら、もし
腹痛などの症状があらわれた場合には
投与を中止して検査をする、というような
説明がなされているんです。

ただ、これらの事故は、そのような
事前検査や経過の注視を怠ったため
起こってしまったのだということ。

決められた通りにきちんとやっていれば
避けられた事故だと言えますね。

腸内洗浄の誤解

僕がやっているコーヒーエネマ
肛門からコーヒーを流し込む方法。

洗浄液を飲んだりすることはありません。

コーヒーエネマの具体的なやり方については
以下の記事にまとめてあります。

詳しく知らないという場合は、
まず最初に読んでみてください。

コーヒーエネマコーヒーエネマ(腸内洗浄)のやり方を詳しく解説【気になる疑問にも回答】

で、この記事を読んでいただければ
分かると思いますが、コーヒーエネマは
この事故事例とはそもそも性質が違います。

目的も違えばやり方も違う。

繰り返しになりますが、コーヒーエネマは、
洗浄液を飲んで出す、というのではなく
肛門からコーヒーを流し込んで出す、
というプロセスです。

コーヒーエネマは、あくまでも
コーヒー洗浄液で排便をアシストする
というアプローチ。

そういう意味では、腸内洗浄とも言えるし
浣腸と言ってもいいかもしれない。

ただ、コーヒーエネマhowtoの記事にも
書いてありますが、コーヒーエネマは重力を
利用して肛門からコーヒーを自然に流し込む方法。

なので、水圧は極めて弱いですし
腸が完全に詰まっていたりすると
まず入りません。

無理矢理押し込むわけじゃ
ないですからね。

あ、ちなみにポンプ式の腸内洗浄器具と
いうのもあって、こっちはやり方次第では
腸に物理的なダメージを与える可能性はあり得ます。

以下の記事にまとめてあるので
一度確認してみてください。

腸内洗浄に使うコーヒー腸内洗浄は危険!?その理由はポンプ式器具にあった!

で、話を戻すと便の残留具合によって
コーヒーが入る量も変わってきます。

一度やってみてもらえれば分かりますが
便が固いとか溜まっているときなどは
一気に入らないので少量ずつ入れては出し、
というような繰り返しになるはずです。

しかも、肛門に差し込むノズルの長さは
わずか3~4センチ程度。

太さも、わずか8ミリほどで、
正直、便より余裕で細いです。

なので、ローションやオイルなどの潤滑剤を
しっかり塗って、まっすぐにゆっくりと
挿入すればスッと楽に入ります。

腸を傷つけたり穴が開いたり
ましてや破裂したりなんてことは、
まず考えられません。

腸内洗浄は危険なのか?

腸内洗浄やコーヒーエネマは危険だ、
最悪死に至るというようなことを
言っている人がいます。

確かに、この事故事例のように
正しいやり方を守らなければ、
危険な場合もあるでしょう。

ただ、今回ご紹介した腸内洗浄の
事故事例は、あくまでも大腸検査や
手術を目的としたものです。

さらに、経口薬での事故なので、
僕がやっているコーヒーエネマとは
そもそもの方法が違います。

ここを混同して、やったこともない人が
誤った知識や憶測でモノを言っている
パターンが極めて多いです。

ひどい場合だと、腸に管を通していき
水圧で便をはがす、というような
あり得ないことを平気で言っている人もいる。

で、ひとつ間違うと腸に穴が開き
最悪死亡事故につながる、というような。

どこで情報を得て、何を根拠に
言ってるんだか、って感じです。

正しいやり方をちゃんと理解すれば
そんなことが起こるわけないっていうのは
普通に考えれば分かることなのに。

結論。

大腸検査や手術のための腸内洗浄は、
医師の指導のもと正しく施術することで
リスクは最大限回避できる。

自宅でやるタイプの腸内洗浄は
正しく器具を使いさえすれば、
物理的なリスクは、まずない。

そんなコーヒーエネマを自宅でやるのに
オススメなのが、スリムエネマ。

僕もかれこれ4年以上使っていますが
品質が高くてとても気に入っています。

スターターキットには、必要なものが
すべて揃っているのですぐにでも
始められます。

クリニックでやってもらうのも
ひとつの選択肢ではありますが、
いかんせん価格が高いですよね。

だいたい1回2万円くらいが相場かなぁ。

しかも、いくらスタッフとはいえ
あんまり他人には見られたくないですよね。

ちょっと恥ずかしいですし、僕は一人で
ひっそりと落ち着いてやりたい。

その点、このスリムエネマさえあれば
自分のペースで、しかも何度でもできます。

ハッキリ言って、コスパは最強。

コーヒーエネマをやるなら、
スリムエネマ一択ですね。

まとめ

この記事では、多くの人が気にしている
腸内洗浄の事故についてお伝えしてきました。

腸内洗浄って、まだまだ認知度が
低いですし、ちゃんとした知識を
持っている人が少ないです。

しかも、聞いたことはあっても
やったことはないという人がほとんど。

そりゃそうですよね、腸内洗浄や
コーヒーエネマって正直かなり
ハードルが高いです。

なので、いろいろな情報を混同し
憶測で発言してしまっているのでしょう。

自分でやったこともないのに、
やれ危険だとかデメリットがー、とか
言っている人があまりにも多すぎ。

一度でもいいから、自分でやってみて
発言してもらいたいものです。

そういう意味では、僕はもう4年以上も
自宅でコーヒーエネマを続けているので
それなりにうんちくを語ってもいいのかなと。

コーヒーエネマコーヒーエネマの真実は?の疑問を自らの体を使って検証

ハッキリ言いますが、自宅で
コーヒーエネマをやっているぶんには
事故はもちろん危険なんて、まずない。

あ、コーヒーをぶちまけたり
ホールドに失敗して漏らしちゃうみたいな
事故はたまにあったりしますが...(笑)。

でも、ほんとそれくらいのものですよ。

まあ信じるか信じないかはあなた次第ですけど。

もしやってみようと思ったら、
以下の記事にやり方を詳しく書いているので
ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーエネマコーヒーエネマ(腸内洗浄)のやり方を詳しく解説【気になる疑問にも回答】

なにか聞きたいことがあれば
お気軽にコメントくださいね!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です